メンターシッププログラム

独立オンライン書店協会への参加を希望する書店は、新会員申請プロセスを通過します。場合によっては、メンバーシップ委員会は、申請者がガイドラインと要件を満たすのにかなり近いと判断しますが、最初にもう少し作業とガイダンスを使用できます。これらの書店は、この職業にかなり慣れておらず、IOBAに参加して貿易についてさらに学び、基準をアップグレードしている場合もあれば、すでに確立されているが、IOBAに合うように調整する必要がある上場方法やポリシーを使用している場合もありますモデル。

最も一般的な関心領域は、書誌一覧、格付け​​、ポリシーステートメントです。以下のガイドラインは、 新しいメンバー申請ページからのものです。

私たちの主な関心事は、プロのリストと高水準です。

これは、すべての欠陥が記録された、手元にある本の完全で正確な説明を意味します。保守的な等級付け;状態、配送速度、またはその他の反復的な定型文に関する包括的な説明はありません。私たちは、提供されているオートフィルの「製品情報」だけに頼るのではなく、独自のリストを作成する(または少なくとも記入する)書店を探しています。これは、不正確で不完全であることが多く、優れた本ではあまり役に立たないためです。一緒に来ます。書籍販売ビジネスWebサイトの返品ポリシーでは、顧客が返品を開始できること、およびその場合は全額返金することを明確に示す必要があります。 IOBA倫理規定では、商品の説明が間違っていた場合の返品送料はお客様が負担すること、および配送中に紛失または破損した商品については販売者が責任を負うことを規定しています。

以下の要素がプラスです。

書誌的に正しい説明。販売されている本の画像。プロの価格;あなた自身のウェブサイトを持っている;専門;良いフィードバック;そして、顧客や仲間の専門書店があなたのビジネスに心強いと感心するものは何でも。

以下の要因はマイナスです。

ボイラープレート言語。状態の説明が不十分(状態は指定したグレードと一致している必要があります。グレーディングは控えめである必要があります。本とダストジャケットがある場合は、それぞれに別のグレードが必要です。また、Webサイトにリストされているものなど、専門的に認識されている状態定義を使用する必要があります。リソースの下で);書誌情報が不足している(著者、タイトル、発行場所、発行者、発行日、版、印刷/状態、およびページ数をリストする必要があります。また、イラスト、マップ、書誌、索引の存在に注意する必要があります。等。);そのように記載されていないストック画像;ハイエンドでの奇妙な価格設定。コミュニケーション不足;貧弱なフィードバック;そして、顧客や仲間のプロ書店があなたのビジネスに対して疑わしい、または不安を感じるものは何でも。

以下の要件は、新しいメンバー申請ページからのものです。

  1. 少なくとも1年前の書籍販売経験。

  2. 上場企業ではないオンライン書店ビジネスの所有者/パートナー/メンバーである必要があります。

  3. 現在、主要なオンラインビジネスは本の販売です。

  4. 申請者は、それを必要とするか、または提供する場所で、ある種の事業登録番号(税の再販番号、EIN、現地事業許可、VAT、UTR、GSTなど)を提供する必要があります。

  5. 200冊以上のオンライン在庫。そのうち少なくとも90%が現在在庫がある必要があります。

  6. 価格の範囲と在庫の品質は、書店としてのプロ意識への取り組みを示しているはずです。

  7. 顧客が返品を開始する可能性があり、その場合は全額払い戻しを提供するという書店のビジネスウェブサイトポリシーを記載。

  8. 誤って説明された商品の返品送料の支払いに関するポリシー、および発送中に紛失または破損した商品に対する販売者の責任のポリシー。

  9. 書籍は、著者、タイトル、場所、出版社、発行日、版、製本タイプなどによって正しく記述されており、すべての欠陥が記載されています。説明は、手元にある特定の本に関するものでなければなりません。

  10. 会員資格は申請された商号のみに付与されます。

  11. IOBA倫理規定に従ってビジネスを行うことに同意します。

一部の分野では少し不足しているが、要件を満たそうとしている場合は、メンターシッププログラムを利用して、IOBAのプロのメンバーと再申請することを目指しています。教育委員会の委員長は、会員増強委員会の勧告に基づいて、このプログラムへの参加を招待することができます。もしそうなら、あなたはボランティアメンターのプールからのプロのIOBA書店と一致し、彼らは必要に応じて改善を行うためにあなたと協力します。メンタープログラムに参加していたので、メンバーシップ委員会が2度目の申請を受け入れる保証はありませんが、適切な時期になると、メンターは再申請を提案します。

このプログラムについてご不明な点がございましたら、 educationinfo @ ioba.orgの教育委員会委員長までお気軽にお問い合わせください

Business Meeting